LEGO blog 沼怪人のレゴレポート

レゴとガンプラの商品レビュー、製作レポートですがメインのブログです。大人の趣味としてレゴとガンプラを紹介します。ガンプラは簡単フィニッシュです。

1/32オーナーズクラブ スバル360 その3


1/32 オーナーズクラブNo.04 '58 スバル360


スバル360、完成しました。

 「なるべく簡単に見栄え良く」がコンセプトでしたがどうでしょう。
簡単ではありましたが見栄えの方は、、、、

1-32オーナーズクラブスバル360 - 38

横から、実車はもっと車高が高いと思いますがこれはけっこうシャコタンですね。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 39

シートは赤に塗ってよかったです。
ボディが白なんでいい感じに見えます。

ナンバーのデカールがいつの間にか剥がれてなくなったのでマジックで書きました。
それがまた完成度を下げてる感じがします。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 40

クリアを何度か吹いたのでボディのテカリはまあまあです。
超適当なのでところどころに埃などが入ってますがあまり気にせず作りました。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 41
1-32オーナーズクラブスバル360 - 42
1-32オーナーズクラブスバル360 - 43
1-32オーナーズクラブスバル360 - 52

やっぱり筆塗りのヘボさが目立ちますね。
美は細部に宿るということでしょうか。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 63

裏はこんな感じ。
軽くウェザリングマスターで汚しました。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 58

これくらい引けばなんとか見られるかな。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 60
1-32オーナーズクラブスバル360 - 61
1-32オーナーズクラブスバル360 - 62
1-32オーナーズクラブスバル360 - 64


 《感想》
初めて全塗装のプラモを作りましたがやっぱ筆塗りがむずかしいです。
○最初の筋彫りをもっとしっかり
○筆塗りの時はきちんとマスキングする
これをすればもうちょっとマシになるかな?

つぎはこれに気をつけて作ってみます。
ということで1/32オーナーズクラブのスバル360でした。




1/32オーナーズクラブ スバル360 その2


1/32 オーナーズクラブNo.04 '58 スバル360


1/32オーナーズクラブのスバル360を作っていきます。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 18

写真撮り忘れてましたが、

バリ取り→表面ヤスリで綺麗に→軽く筋彫り

で、サーフェーサーを3回くらい吹きました。

 1-32オーナーズクラブスバル360 - 19

シャーシは目立たないので下処理もほとんどしないで塗っちゃいます。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 20

セミグロスブラックっていう色です。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 21

2回塗りました。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 25

乾いたらまあいい感じになりました。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 24

ライトの部分をつけてボディを塗ります。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 22

パステルっぽい薄い青がよくてライトブルーって色を買いましたがなんか違うなー。
ちょっと鮮やかすぎてイメージと違います。

というか缶とビンで同じタミヤのライトブルーでもこんなに色が違うんですか?同じ色だと思って買ったんですけど、、、。

 1-32オーナーズクラブスバル360 - 26

ライトブルーはあきらめてレーシングホワイトって色を買ってきました。
ライトブルーはZ360に使うことにします。

エアーブラシがあれば色の調合ができるのでいいんでしょうね。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 27

細かいパーツも塗っていきます。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 28

他の色は筆塗り。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 30

筆塗りはやっぱムラになりますね。でもこれは車内で影になるしムラはあまり目立たないでしょう。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 29

黒とシルバーを部分塗りしました。
いやーヘボさがかなり目立ちますね。

筆塗りの時もちゃんとマスキングしなきゃダメだな。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 31

表面にクリアを吹いてスミ入れをします。
が、溝が塗料で埋まっちゃってうまく流し込みのスミが定着しません。

最初の筋彫りをもっと強めにしなきゃダメなのかな。
スミ入れ用のマジックとかも使ってなんとかやりました。


1-32オーナーズクラブスバル360 - 32

シャーシの方はまあ、こんなもんかな。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 33

いやー、スミ入れのヘボさが目立ちます。
ライト、このままだとさびしい感じなので銀紙をしこんでみます。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 34

普通のアルミホイルだけどこんなのでいいのかな。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 35

こ、これは、、
さっきよりはマシだけどアルミホイル感まるだしですね。

とりあえずはこれでよしとして、また今度もうちょっと良さそうなモノに交換します。


つづく 

1/32オーナーズクラブ スバル360 その1


1/32 オーナーズクラブNo.04 '58 スバル360


1-32オーナーズクラブスバル360 - 7


1/32オーナーズクラブのスバル360
ガンプラしか作ったことない僕がちゃんと作れるがわかりませんがやってみます。
あまり凝ったことは出来ないので、なるべく少ない労力で最低限見るに堪えるレベルにするのが目標です。


1-32オーナーズクラブスバル360 - 8

箱のサイドにはスバル360の説明が。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 9

中はかなりすっきりしています。
パーツ数少なそうです。これならいけそう。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 10

説明書の裏がシリーズのラインナプ紹介になってます。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 11

専用ディスプレイケースなんてのがあるんですね。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 12

パーツ数が少ない分説明書も簡単です。
色さえ綺麗に塗れれば楽勝ですね。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 13

やっぱガンプラと違って真っ白ですね。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 14

この辺が昔の金型ということなんでしょうか、ガンプラではありえないクオリティです。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 15
 
後ろも窓にバリがはみ出してます。


1-32オーナーズクラブスバル360 - 16

 大きさはミニフィグと並べてこのサイズ。
かなりかわいいサイズです。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 17

なんかネットでプラモの作り方を調べると、一回洗ったほうがいいらしいので、まとめて中性洗剤で洗ってきました。

つづく 

アリイ1/32 オーナーズクラブを買ってみた

僕は車が好きなんですが、特に旧車が好きなんです。
中でもサブロクと呼ばれる360ccの軽自動車が大好きです。

アリイの1/32オーナーズクラブというプラモデルシリーズではその辺の旧車が多くキット化されているので前々から興味を持っていたんですが、ちょっと買ってみました。


1-32オーナーズクラブスバル360 - 1

800円弱というお手頃価格なので4つも一気に大人買い。
サイズが1/32というミニサイズなのでお手軽に作れそうではあります。

しかし、かなり昔の金型を使っているらしくガンプラと同じ感覚では作れないというのが今まで尻込みしていた理由です。
ガンプラと違って全塗装が前提ですし、プラモといえばほとんどガンプラしか作ったことがない僕としてはちょっとハードルがあったんですが今回そのハードルを飛び越えてみることにしました。


1-32オーナーズクラブスバル360 - 2

箱はかなり軽く安っぽさを感じますがやっぱ昔の車、かっこいいですね。
実車が欲しいです。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 3

道具もいくつか買いました。
塗装しなきゃいけないのでサーフェーサーとクリア、とりあえず青と黒のスプレー。
長く使えばエアーブラシのセットを買ったほうが経済的なんでしょうがとりあえず缶スプレーでやってみます。

1-32オーナーズクラブスバル360 - 5

あと筋彫り用の道具も買ってみました。このヤスリみたいなのは先を研ぐものかな?


1-32オーナーズクラブスバル360 - 6

さあ何から作るか、やっぱりスバル360でしょうか。





 

レゴ スピードチャンピオン ポルシェ 918 スパイダー 75910

レゴ スピードチャンピオン ポルシェ 918 スパイダー 75910

スピードチャンピオンは2015年の新作の中でも一番楽しみにしていたシリーズです。
車好きとしてはぜひ集めたいです。
なかなか人気もあるみたいですね。

スピードチャンピオンレゴ7590101
 
とりあえずポルシェ918スパイダーを買いました。
派手なフェラーリよりも渋めのかっこよさがあると思ったのでポルシェにしました。
実車は1億円くらいする超スーパーカーみたいですけど。。

スピードチャンピオンレゴ7590102

裏側はこんな感じ

スピードチャンピオンレゴ7590103


隅っこにポルシェロゴと実車の画像です。
欲しいなあ。

スピードチャンピオンレゴ7590104

パケは結構小さいです。
右上のパイロットはなんでヒゲ面なんだろう?レーサーってヒゲのイメージでしたっけ?

スピードチャンピオンレゴ7590105

さて、中身。
袋3つとインスト、ステッカー。
まあパケの大きさからしてこんなもんでしょう。

スピードチャンピオンレゴ7590106

シールはもっとたくさんはるのかと思ったがこんなもんです。
フェラーリとかはもっと多いのかな?

スピードチャンピオンレゴ7590108

まずはミニフィグです。
ヒゲ生えてません。
で、こいつはレーサーなの?メカニックなの?

スピードチャンピオンレゴ7590109

チェッカーフラッグ。後でシール貼りましょう。

スピードチャンピオンレゴ7590110

フェンダーはこんなパーツでした。

スピードチャンピオンレゴ7590111

ガシガシ作っていきます。思ったより中身が詰まっててしっかりしてます。

スピードチャンピオンレゴ7590112

ホイールは2種類付け替えられるようになってます。なんか本格的。

スピードチャンピオンレゴ7590113

スパナを使って取り外す仕様。気分の上がるいい演出ですね。

スピードチャンピオンレゴ7590114

 あまりパーツはこんだけです。
ヘルメットのシールドも一つ余りました。

スピードチャンピオンレゴ7590115

スピードチャンピオンレゴ7590117

よし。完成。
僕はシールあんまり好きじゃないんですが、このシリーズは貼らないと盛り上がらないですね。

スピードチャンピオンレゴ7590118

 全部貼っちゃいました。

スピードチャンピオンレゴ7590119
 
やっぱロゴがつくとグッと締まりますね。
ロゴくらいはプリントにして欲しかったな。

スピードチャンピオンレゴ7590120

横から。
かなりかっこいいですね。
これオープンカーだったんですね。

スピードチャンピオンレゴ7590121

屋根つけるとちょっとだけミニフィグの頭があたりますね。

スピードチャンピオンレゴ7590122

リアのロゴもプリントにして欲しかった。
やっぱシール貼ると一気におもちゃ感が出ちゃうんですよね。

スピードチャンピオンレゴ7590123

まあでもなかなかかっこいいですね。

スピードチャンピオンレゴ7590125

前から。
本当は2シーターですが潔く真ん中にドーンとパイロットを乗せることで妙にしっくりきてます。

スピードチャンピオンレゴ7590126

 上からも綺麗なシルエットです。

スピードチャンピオンレゴ7590127

ヘッドライトもシールはやめて欲しかったなー。

スピードチャンピオンレゴ7590128

こうやってクリアパーツにするだけでいいと思うんだけど。
実車のイメージに近づけるにはシールの方がいいのかな。どうなんだろ。

スピードチャンピオンレゴ7590129

ハイウェイスピードスター、デロリアンと比べてみました。
どちらもレゴの車としてはかなりの名作だと思うんですが、今回のポルシェが一番まとまってるような気がします。

最初はハイウェイスピードスターと同じ10幅くらいにしてより実車に近づけたほうが面白いんじゃないかと思ってたんですが、作ってみると6幅で正解なのかなと思えてくる完成度です。


スピードチャンピオンレゴ7590131

小さいですが中身がつまってるので重量感もあり安っぽさは感じません。
さすがに実車のような流線型は再現できてない部分もありますが918スパイダーの雰囲気は十分に伝わります。

このスピードチャンピオンシリーズはヒットの予感です。
超スーパーカーばかりじゃなく日本車なんかも出して欲しいですね。GTRとか。


MG MSN-02 ジオング 再生 その3 LEDジオング完成

MG 1/100 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)

MGジオング完成しました。

mgジオング27

ジオングの決めポーズってこれでいいのかな。なんかきまらないんですよね。

mgジオング28

 ちょっとウェザリングマスター塗りすぎたなー。
エッジ部分にちょっとだけでいいんですね。今度から気をつけます。

mgジオング29

 モノアイはこんな感じ。光ってないと透明なので死んでるみたいです。
蛍光ピンクで塗っちゃえばいいのかな?

赤い配線見えちゃってるけどこれはこれでよしとしてるんです。

mgジオング30

このように上からもモロ見え。

mgジオング31

 こうやって首の後ろに配線を通してます。

mgジオング33

背中のカバーをはずずとスイッチが現れます。
それではつけてみましょう。

mgジオング34

ピカー。どうだー。

おーカッコイイ。やっぱ写真より実物がカッコイイです。

mgジオング35

顔アップ。

mgジオング36

光の量もちょうどいい感じ。

mgジオング37

暗くしてみると、かっこいいけどよくわかりませんね。

mgジオング38

うーん。なんとなく雰囲気があります。

mgジオング39

頭が光ってる。

mgジオング40

 ピカー。どうでしょう。

mgジオング41

この遠隔操作ポーズ、いまいちかっこよくないんですよね。
飾り台のせいかな。

mgジオング42

埃かぶってボロボロのガンダムと並べて。
このガンダムもパーツ取り寄せたので今度キレイにします。

やっぱジオングでかいですねー。

mgジオング44

後ろ姿。

mgジオング45

 ジオングは足がないので飾り台に乗せるんですが、そうするとこの裏側が見えないんですよね。
のぺッとした外観と対照的なこの裏側のメカはこのキットの見せ場だと思うんですけどまあ仕方ないですね。

と、いうことで初めてモノアイをLED化しましたが自分としては気に入ってます。
多分正しいやり方ではないと思うけどちゃんと光ったので満足です。
でもジオン系のモノアイはやりやすいけどガンダム系のモビルスーツは自信ないですね。
スペース少ないしどうやってやればいいかわかりません。
ザクは、どうだろう。。多分ぼくはやらないだろうな。
ゴックとかズゴックはやりやすそうですね。

最近のMGキットは大体LEDユニット搭載できるようになってるけど作ったことないんでサザビーあたり作ってみたいですね。

 

MG MSN-02 ジオング 再生 その2 モノアイLED化

MG 1/100 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)

埃かぶって汚くなったMGジオングをキレイに再生しています。
今回はモノアイをLEDを取り付けてかっこよく光るようにしたいと思います。

mgジオング12

 これがLEDですね。あとスイッチと電池。ネットのパーツ屋さんで買いました。とにかく小さいです。
電池はCR1220。


mgジオング13

試しにつないでみたらちゃんと光ります。
色いい感じのピンクです。

僕、こういう配線とかって詳しくないんですが一応計算してみたら抵抗は0だったので抵抗つけてません。本当にこれでいいのかな?
ちゃんと光るんでいいんでしょう。楽だし。

mgジオング14

純正のモノアイと比べるとこんな感じです。
ちょっと長いけど径はちょうどですね。やっぱ純正のモノアイはかっこ悪いなあ。

mgジオング15

ヤスリで削って短くしました。案外うまくできるものです。

mgジオング16

あー、いい感じですね。

mgジオング17

あとは配線をどうするか。
ジオングは結構でかいのでスペースがあってやりやすいですね。
首のパーツに電池をおさめることにします。
ちょっと削るだけでコードは通ります。

ちらっと見えてる白いのが電池です。
電池ボックスとか使わずにマスキングテープでグルグル巻きにしてます。
その方がコンパクトだし。

mgジオング18

スイッチはバックのパーツを削ってここに納めます。
削りの処理が甘くてガタガタですが気にしません。

mgジオング19

なぜならこのように隠れるから。


mgジオング21

 瞬間接着剤でくっつけます。
おー、いいですねー。
赤い配線、外からチラッと見えますがデザインに見えるので逆にカッコイイ感じです。

mgジオング22

配線つないでるときに端子の部分がポキっと折れて2個も無駄にしました。
何しろ小さいから大変なんですよね。

全部ハンダで止めようと思ってたんですがなんか上手くできなかったのでほとんどハンダも使ってません。
こよりみたいにグルグル巻いただけ。

mgジオング23

よし、じゃあこれにウェザリングマスターで軽く汚してつや消しスプレーかけて完成です、

mgジオング24

この飾り台もつや消しスプレーかけときましょう。

 mgジオング25

こっちの立ちポーズのシャアも色塗ってる。
でもこれ飾ったことない。。


つづく

MG MSN-02 ジオング 再生 その1


MG 1/100 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)


mgジオング04

多分10年前くらいに作ったやつでしょうか、ウチにあったジオングが埃まみれで汚くなってたので綺麗に復活させようと思います。

mgジオング01

うわー汚い。
右のほうはアクリル溶剤で拭いてるので汚さがよくわかります。

なんでこんな風になるんだろ、つや消しスプレーを吹いてるんでそこに埃がこびりついたんでしょうね。
それから昔吸ってたタバコのヤニもあるのかな?

mgジオング02

アクリル溶剤でつや消しスプレーごと拭いて行きます。意外と大変です。


mgジオング07

このアクリル溶剤も10年くらい前のやつだと思いますが普通に使えました。
綿棒とかティッシュで拭きます。

mgジオング03

頭のツノは折れちゃってる。

mgジオング05

部品注文!!
ガンプラの部品注文って小学生の時以来でやりましたよ。
やり方が小学生の時から変わってない。

一部のモデルはネット注文できるみたいですがこのジオングは封筒に為替を入れて注文しました。

mgジオング06

さらに今回はジオングのモノアイをLEDで光るようにしてやろうと思います。
こんなに沢山で送料込み1600円くらいでした。ほんとはこんなにいらないんですけどね。

mgジオング08

なんと10年前の僕は中のシャア人形の色を塗ってます。頑張ったんだな。

mgジオング09

全部拭き終わってツルツルになりました。
デカールってアクリル溶剤で消えちゃうんですね。汚らしかったので全部剥がしました。


mgジオング11

指拭いてるときにポキっとやっちゃったんで親指は接着剤で固定しました。なので動かないんですがジオングの場合それほど支障はありません。


mgジオング10

裏側は塗装する人にとってはやりがいあるところですね。
のぺっとしてシンプルな外側と比べて情報量がすごいです。

これは軽い部分塗装ですが十分見応えあり。

それでは次はLED搭載に挑戦します!

つづく 

レゴ スピードチャンピオンシリーズが楽しみ

車好きとしては3月発売のレゴ スピードチャンピオンシリーズが非常に楽しみです。

 

ポルシェ918スパイダー

ポルシェのハイブリッドスポーツカー
918台の限定生産だそうです。

Porsche_918_Spyder_001

かっこいい。ポルシェのスーパーカーですね。

 

ラ・フェラーリ
スーパーカーといえばフェラーリですがこれもハイブリッド。
スーパーカーの世界にもエコの波が押し寄せてるのかな。

la-ferrari-16

やっぱかっこいいですね。
めちゃくちゃ高いらしいです。



マクラーレンP1

これもハイブリッドです。
2013-03-05_Geneva_Motor_Show_7846

エレガントで未来っぽいルックスです。



フェラーリ イタリアGT2
これもまたマッシブなルックスです。

458a397




ポルシェ911GT 2台とピットのセットですね。

Gemballa-Porsche-911-GT_2013-Image-07-800

普通の911よりエアロが充実しててより攻撃的です。

なんか全部スーパーカーの中のスーパーカーばっかりですね。
僕はもうちょっと大衆的なスポーツカーがよかったんですけど。

あと全部本物は流線型でエレガントなエクステリアなのでレゴだと表現しきれてない感じにも、、、。
どうなんでしょう。

まあでも楽しみです。



あとこのトップギア×レゴの動画は何なんですか?
もし商品化されるならぜひ欲しいけどそういうわけじゃないのかな。


RG 1/144 MS-06F 量産型ザク その④完成

RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)

リアルグレードザク、初めてのウェザリングも終わって完成です。

RGザク39

はい、完成。
初めてのウェザリングにしてはうまくいったと思います。

RGザク40

武器はヒートホーク、バズーカ、マシンガンです。

RGザク41

ダイソーのネイルパーツ、光りすぎ?
けっこうカッコイイと思いますが、どうかな。

RGザク42

ヒートホークはシルバーで部分塗装。
うっすらウェザリングマスターのカッパーを施しました。

RGザク43

本体です。素組ですでにカッコイイのでこの状態でもカッコイイです。

RGザク44

後ろ姿もいいですねー。

RGザク45

 うん、素敵。

RGザク46

ウェザリングの感じ、いかがでしょう。
超簡単ウェザリングでここまでできればいいと思うんですよ。

RGザク47

足元は泥汚れも表現したかったんですがうまくいきませんでした。
ウェザリングマスターのサンドってやつ使ったんだけどアクリル塗料で大胆ウォッシングしたほうがいいのかな。

RGザク48

ダイソーのモノアイはいい感じです。
ちなみに1/144ながら首を振るとモノアイが連動して動くギミック搭載。
すごいですねー。

RGザク49

この辺はちょっとやりすぎでしょうか。

RGザク50

ザクなので階級は下っ端の伍長です。
やっぱデカールの境目目立ってますね。

RGザク51

肩のデカールがなるべく避けてウォッシングしたのでそれほど目立ってません。

RGザク52

武器を装備!!

RGザク53

もちろんかなりの可動範囲です。
でも腰のスカートが邪魔でけっこう動かしにくい、ポロっと外れるし。
あとこのサイズで指の関節が動くのはすごいんですがこれも外れやすいです。
かなり小さい部品なのでなくしちゃいそうです。

RGザク54

アップにも耐えられるカッコよさ。

RGザク55

このようにモノアイが動きます。

RGザク57

うらー、ヒートホークだー!

RGザク59

うらーーー!

RGザク60

ザクバズーカ。

RGザク61

太ももはこのように割れます。
これあんまり好きじゃないんですけど。

RGザク62

どのアングルもかっこいいですわ。

RGザク63

アクションベースに乗せて。

RGザク64

ガンダムとの戦い。

RGザク66

こんなシーンあったっけ?

RGザク67

 と、いうことでリアルグレードのザクでした。
簡単ウェザリング、なかなかうまくいったと満足しています。
ただでさえ物凄い情報量のRGザクがさらに緻密になった感じで見ていて飽きません。

またやりたいのでウェザリングの似合いそうなキット出してください!!
グフとか、ゴックとか

livedoor プロフィール
ブログランキング